AEJF - フランス日本語教師会サイト


2016年7月 2日(土) 18:24 JST

記事を友人にメールする 印刷用画面

マルセイユ連絡会開催2016年6月3日金曜日

日本語教師南仏勉強会

藤光由子先生を迎えて
2016年6月3日金曜日13時半 エクス・マルセイユ大学
Salle des professeurs (Aix-Marseille Université - site Schuman) 無料・申し込みは5月22日締め切り

プログラム
13時 開場・挨拶
13時半 日本語教育ワークショップ

~文法の教え方を考える~
講師 藤光由子先生(パリ日本文化会館日本語教育アドバイザー)
15時半 休憩
16時 日本語教育情報のご案内

前半は、参加型・活動中心のセッションで、文法を学習者の言語活動遂行能力の視点から眺める知見、それを教育現場で活かすための提案、日本語文法そのものへの理解を深めるための活動をご紹介したいと思います。
後半は、参加者の方々のご関心に合わせて、海外からもアクセスしやすい最新リソースの情報をご案内します。ビジネスコミュニケーション教育の新しい視点、キャリア形成をめざす日本語教育の実践例についても話題提供ができればと思っています。

藤光由子先生プロフィール
北海道大学法学部(国際政治学専攻)卒、東京外国語大学大学院修士課程 (日本語学専攻) 修了。東京大学教養学部短期留学プログラム非常勤講師を経て、海外では国際交流基金の派遣によりシンガポール教育省、豪州ニューサウスウェールズ州政府教育省、ニュージーランド教育省、国際交流基金マニラ事務所、西オーストラリア州政府教育省にて、教材/カリキュラム開発、教師支援事業に携わる。2010年より2015年7月まで西オーストラリア州教育省日本語アドバイザー(現地採用)。関心分野は 参加型、内容重視の日本語学習活動デザイン、教育的ツールとしての演劇の活用。「教師と生徒がともに参加する文化間言語教育ワークショップの試み」(2012) 国際交流基金日本語国際センター『日本語教育通信』第26回海外日本語教育レポート http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/report/201211.html 「内容重視の日本語学習デザイン〜西オーストラリア州における実践と考察」豪州日本研究大会における共同発表 (2013) http://japaninstitute.anu.edu.au/sites/default/files/u6/12_Kurikku_Nippon-JSAA2013_0.pdf

参加申し込みについて
勉強会に参加希望する方は、5月22日までに松本まで: desarbresverts  (gmailです。)

氏名・連絡先・所属教育機関(なければ結構です)お知らせください。遠路(会場から20キロ以上)で交通費のサポートを希望する方はお申し出ください。また大学の駐車場を利用希望する方も申し込み時にその旨お知らせください。

会場
住所 Aix-Marseille Université (AMU) Faculté des lettres (UFR ALLSH), Centre Schuman
29, Avenue Robert Schuman 13100 Aix-en-Provence
会場 Salle des professeurs, 2° étage au Bâtiment (voir plan)
大学正門(Av. R. Schuman)は工事中で通行できません。入口は、バス停を背に
左手の坂を上った左手に2か所あります。学部の校舎入口も二つありますが、駐車場横が A 棟の入口(Salle des professeurs は A 棟)です。入口の階段を上って3階(2e étage)の廊下を進むとフロア中央付近にトイレがあります。その突き当たりが Salle des professeurs です。

記事を友人にメールする 印刷用画面

「複数言語文化環境に生きる子どもたちのことばの教育を考える」

パリ日本文化会館

パリ日本文化会館及び教師会の共催による「継承日本語講演会」のお知らせです。
「複数言語文化環境に生きる子どもたちのことばの教育を考える」

日時:2016 年 6 月 10 日(金)13:00-17:30

12 :45-13 :00 受付
13 :00-15 :00 第 1 部
15 :00-15 :15 休憩
15 :15-17 :15 第 2 部
17 :15-17 :30 全体ふりかえり

会場:パリ日本文化会館 5 階レセプションルーム

講師:第 1 部 村中雅子 氏
Inalco(フランス国立東洋言語文化大学)講師、 ストラスブール大学博士課程在学中 第 2 部 Fuchs-清水美千代 氏
バーゼル日本語学校、NSH バーゼル教育センター日本語教師

*本テーマにご関心のある方でしたら、どなたでもご参加いただけます。
なお、講義内容、講師プロフィールについては次ページ以降をご覧ください。

定員:50 名(参加料:無料)
参加申込:応募フォームからお申込みください。 パリ日本文化会館ホームページ「Langue japonaise→Enseigner le japonais」 からもこのフォームにアクセスできます。

お問い合わせ先:nihongo.contact★mcjp.fr  (★をアットマークに変更してください。)

記事を友人にメールする 印刷用画面

アルザス研修参加者募集のご案内

パリ日本文化会館

パリ日本文化会館がアルザス・欧州日本学研究所と協力して毎年実施しております、通称アルザス研修の募集要項のご案内です。

応募締め切りが5月16日となっております。

会館HP「教師向け情報サイト」の関連ページリンク :

https://sites.google.com/site/nihongomcjp/home/kenshuu/autre/alsace

記事を友人にメールする 印刷用画面

2016年5月ナント研修会のお知らせ

 2016年5月27日・28、「文字を教える・文字を学ぶ」をテーマとした研修会をナントで開催いたします。

日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字と多様な文字文化を持つ言語です。日本語を学ぶフランス人学習者にとって、日本語の文字は魅力でもあり、また難しさでもあるかもしれません。この研修会では、日本語の文字をどのように教えるか、みなさんが日頃感じている困難や教室活動などで編み出してきた工夫などを共有出来る場になればと願っています。

 プログラム

5月27日(金曜日)

13h00-13h15 受付

13h15-13h30 開会式

13h30-15h00 講演 堀部桂司先生アンジュー=アンテルラング学院清風会

15h00-15h30 コーヒーブレイク

15h30-17h00 体験授業(ハングル、キリル文字)

17h00-17h30 コーヒーブレイク

17h30-19h00 総会

20h-            懇親会

 

5月28日(土曜日)

9h00-9h15 受付

9h15-10h45 講演 川口義一先生(言語・生活研究所代表・早稲田大学名誉教授

10h45-11h00 コーヒーブレイク

11h00-11h45 実践報告 ロディス希代先生(カーディフ大学)

11h45-13h15 昼食

13h15-14h45 ワークショップ 山田ボヒネック頼子先生ヨーロッパ日本語教育学研究所代表

14h45-15h00 閉会式

 

*閉会式後、ナントを観光するツアーを予定しております。時間に余裕がある方は、ぜひご参加ください(17時ごろ終了予定)。詳しくはこちらをご覧ください。

 

場所:ナント大学言語文化学部 (Université de Nantes, FLCE), amphi 405

使用言語:講演・ワークショップ(日本語)、体験授業(フランス語)

 

参加費:2016年度の会費を納入済みの会員は無料です。非会員の方は両日参加の場合、20ユーロ、どちらか1日の参加の場合は15ユーロ(ただし、学生非会員の方は半額)です。

懇親会:会員・非会員の別なく20ユーロです。

二日目の昼食(お弁当・10ユーロ)をご希望される方は、以下の参加申し込みフォームからご注文いただけます。

費用は当日、受付で直接お支払いください。


参加をご希望の方は、ここから申し込みフォームにご記入ください。

 

講演・ワークショップの概要はこちらをご覧ください。

会場までのアクセス・ホテル情報はこちらをご覧ください。


皆様の参加をお待ちしております。 

 

フランス日本語教師会研修会実行委員

 

Journées d’étude de l’AEJF

Thème : Enseigner et apprendre les caractères 

Nantes, les 27 et 28 mai 2016

 

 

Programme

 

Vendredi 27 mai 2016

13h00-13h15                         Accueil

13h15-13h30                         Cérémonie d’ouverture

13h30-15h00                         Conférence :

Conférencier : M. Keiji HORIBE (Anjou Inter Langues/Calligraphe (Seifukai))

Titre : Les caractères sont notre richesse

15h00-15h30                         Pause café

15h30-17h00                         Apprentissage réflexif :

Hangeul (Mme Estelle Cheon-Pavageau, Université de Nantes)

Alphabet cyrillique (Mme Julie Tébenkova-Féougier, Ministère des affaires étrangères)

17h00-17h30                         Pause café

17h30-19h00                         Assemblée générale de l’AEJF

20h-                                       Dîner

 

 

Samedi 28 mai 2016

09h00-09h15                         Accueil

9h15-10h45                           Conférence :

Conférencier : M. Yoshikazu KAWAGUCHI (Professeur honorable de l’université Waseda/Responsable de Laboratry for Life and Language)

Titre : Enseignement des caractères pour l’expression : kana et kanji avec les méthodes de la contextualisation et de la personnalisation

10h45-11h00 Pause café

11h00-11h45 Rapport pratique (Mme Kiyo RODDIS, université de Cardiff)

11h45-13h15 Déjeuner

13h15-14h45  Workshop 

Organisatrice : Mme Yoriko YAMADA-BOCHYNEK (Responsable de l’EIJaLE European Institute for Japanese Language Education)

Titre : A la recherche d’une méthode d’introduction de textes comprenant des kanji et kana adaptée aux apprenants européens de L2 : une approche en science cognitive JaFIX (Japanese as a Foreign Language with Integrative-Communicative Steps)

14h45-15h00 Cérémonie de clôture

  

Après la cérémonie, nous proposons des visites touristiques en ville (participation gratuite et facultative, jusqu’à 17h).

 

Lieu du séminaire : Université de Nantes, FLCE, Amphi 405

Langues : japonais (conférence, workshop), français (apprentissage réflexif)

Frais de participation : gratuit pour les membres qui ont payé la cotisation annuelle 2016 ; 20 € (deux jours) ou 15 € (un jour) pour les non-membres ; 10 € (deux jours) ou 7,5 € (un jour) pour les étudiants non-membres de moins de 26 ans

Frais de dîner : 20 € (le lieu sera annoncé ultérieurement)

Repas du midi le 28 mai : 10 € (facultatif)

 

Vous pouvez régler le montant sur place.

 

Inscription (cliquez ici). 

 

 

 

記事を友人にメールする 印刷用画面

2016年4月パリ日本文化会館・フランス日本語教師会共催勉強会のお知らせ

4月9日(土)に開催された教師会主催勉強会でのPPT資料です。
どうぞご覧ください。
こちら

 

2016年 4月9日(土)

【講師】穴井宰子(あないすずこ)先生
(英国オックスフォード・ブルックス大学 英文学及び外国語学部 シニア・レクチャラー)

【テーマ】演劇とつなげる日本語教育:ストーリーからパフォーマンスへ

記事を友人にメールする 印刷用画面

日本語教育事情 折笠さん報告書2016

日本にお住いの折笠友美会員に現在の日本での日本語教育事情について
ご報告をいただきました。折笠さんはフランスにも在住されておりましたので、フランス
の会員の視点にたってお書きくださいました。
 
どうぞご覧ください。こちら
記事を友人にメールする 印刷用画面

2016年3月フランス日本語教師会主催勉強会

2016年 3月26日勉強会
- ITを活用しての授業実践 -

講師 數原麗香先生  ロラン・キャリエ先生


3月26日(土)に開催された教師会主催勉強会でのPPT資料です。
どうぞご覧ください。

キャリエ先生:なぜ日本語教育にタブレットが必要なのか

數原麗香先生:漢字学習

 

記事を友人にメールする 印刷用画面

中等日本語教育・資料

南仏、Honoré Daumier高校のセギュラ・アナイス先生より「La Salle des profs de japonais」をご紹介いただきました。
中等日本語教育における有益な資料や教材をクラウド上で共有することができます。

アクセス方法や詳しい内容は添付pdfをご覧ください。
 こちら 
中等日本語教師、さらに関係者の皆さまにたいへん興味深い情報が満載されています


"La Salle des profs de japonais" est un espace de coopération et d’échanges de ressources pédagogiques destiné aux enseignants de japonais en France, et plus particulièrement aux enseignants de collège et lycée. Il contient des documents très variés : des exemples de séquences, des idées d'activités de classe (pour travailler l'oral, les kana, etc.) mais aussi tous les documents officiels qui encadrent l'enseignement du japonais en France et le baccalauréat.
 

記事を友人にメールする 印刷用画面

勉強会アンケート

勉強会アンケート

フランス日本語教師会会員の皆様

寒戻りの冷える日々が続きますが、みなさまお元気でしょうか。
日頃から教師会へのご支援、ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

さて、この度勉強会係りでは会員のみなさまにアンケートのご協力をお願い致したくご連絡差し上げました。このアンケートは一年に数回開催される教師会勉強会についてです。今後の企画に皆さまの声を反映させ、より充実した内容にしていきたいと思っております。アンケートはA4に一枚、5分ほどの簡単な内容です。以下のフォームをクリックしていただき、直接お答えいただけるようになっています。

アンケートフォームは下記になります。
http://goo.gl/forms/MFT0TXNSNi

お忙しい中お手数いただき恐縮でございますが、皆さまのご意見をぜひお聞かせくださいますよう、謹んで お願い申し上げます。

フランス日本語教師会
勉強会係り
岩下・根元

記事を友人にメールする 印刷用画面

2016年1月29日新年教師会主催勉強会

1月29日に開催された勉強会には多くの方にご参加いただきありがとうございました。

講師の藤光由子先生の豊富なオーストラリアでのご経験から、多くのことを学べる素晴らしい参加型の勉強会でした。

改めてご参加できなかった方にお詫びを申し上げます。

会員の方は以下のリンクから資料をご覧いただけます。
内容重視の日本語教育を考える―オーストラリアの実践例から 勉強会資料→ こちら

「フランス日本語教師会勉強会のための覚書」→ こちら